鑑定士による宝石豆知識、お買い得情報満載!ジュエリー・時計の修理も受け付けています。 

    

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://inouediamond.blog105.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

ダイアモンドの蛍光性について

   ↑  2008/03/01 (土)  カテゴリー: ダイヤモンド|豆知識
鑑別書を皆さんよく見たことありますか?

鑑別書には、いわゆる4C(カラット、クラリティー、カラー、カット)と言われる他にも直径や深さ、カットの詳細、蛍光性が書いてあります。今回は、その中の『蛍光性』についてお話致します。

天然のダイアモンドは、その半分が紫外線を照射すると青白い蛍光色に発色します。その為、この『蛍光性』は天然かどうかを見分ける際の指標のひとつになります。

蛍光性は、その程度によってNone(無し)/Faint(弱い)/Medium(中)/Strong(強い)/Very Strong(かなり強い) にわけられます。STRONGやVERY STRONG等の蛍光性の強いダイアモンドは、その黄色味を飛ばし透明に見せてくれる効果も認められており、カラーグレードの低いものでは重宝がられることがあります。その反面、その蛍光性が時にはダイアモンドをオイルを塗ったように白くぼやけて濁ったように見せることもあります

国際マーケットでは、『強い蛍光性を持つダイアモンド』は好まれない傾向にあって敬遠されがちで、その強弱が価格に影響を及ぼすこともあります。

皆様がダイアモンドを購入する上で一番大切なことはこれらの情報を充分に理解した上で、自分が気に入ったダイアモンドを選ぶことが重要です。

『いのうえ』では、数多くの中から貴方だけのダイアモンドを探すお手伝いをしております。


宝石・時計いのうえ
【本社】〒812-0026福岡市博多区上川端町13-15安田第七ビル9階
営業時間:10:00~18:00 定休日:日・祝日
会社概要 アクセス

フリーダイアル0120-844-111メールでのお問い合わせは



宝石(ジュエリー)修理・リフォーム時計修理・オーバーホール
婚約指輪(エンゲージリング)宝石・時計の専門店いのうえ


FC2スレッドテーマ : 伝えたい事 (ジャンル : ブログ

(記事編集) http://inouediamond.blog105.fc2.com/blog-entry-20.html

2008/03/01 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
この次の記事 : ZENITH ゼニスの歴史
この前の記事 : 鑑定書と鑑別書の違い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。