鑑定士による宝石豆知識、お買い得情報満載!ジュエリー・時計の修理も受け付けています。 

    

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://inouediamond.blog105.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

PATEK PHILIPPE パテック フィリップの歴史

   ↑  2007/11/13 (火)  カテゴリー: 時計ブランドの歴史
PATEKPHILIPPE350x.jpg世界最高峰の称号をほしいままにする、パテックフィリップの歴史は、19世紀初頭までさかのぼります。
ポーランドからの亡命貴族、アントワーヌ・ノルベール・ド・パテックは、ジュネーブに新天地を求め、この地に高級懐中時計の製作に携わるようになりました。
やがて、時計技術者のフランソワ・チャペックと共同でパテック チャペック社を設立しました。1839年のことでした。

その後、パテックにとって大きな転機となる出会いが訪れます。
1844年に開催されたパリ万博に出品された世界初のリューズ巻き、調整機能一体型の懐中時計を目にしたパッテクは、これこそ従来の鍵巻き式に変わる画期的な機構だと確信し、この懐中時計を発明した、ジャン アドリアン・フィリップを、事業のパートナーとして迎え入れました。
このことにより、会社はさらに飛躍的に発展を遂げていったのでした。

1851年、社名をパテック フィリップ社に変更しました。
同年行われたロンドン万国博には、リューズ巻き上げ式懐中時計を出品し、世界中から高い評価を受けました。二人の死後も、スプリット秒針クロノグラフや天文表示時計など技術の粋を尽くした革新的機構を次々と開発しました・

1920年代になると、生産の中心は腕時計に切り替わりました。
1930年代に、不朽の名作『96』が発表されました。
簡潔なデザインに最高の技術が投入されたこのシリーズは、『カラトラバ・シリーズ』として、芸術的なまでの美しさを現代に伝えるロングセラーになっています。

その後も『ジャイロマックス・テンプ、ワールドタイム』『年次カレンダー』など数多くの特許を取得しました。
キャリバー89やスターキャリバーなど超複雑機能のマスターピースも製作され、マニファクチュールとしての威信を示し続けています。

今なおパテック フィリップ社がスイス時計界の頂点に君臨し続けるのは、丹念な手作業によって完成される時計の驚くべき精度、芸術的なまでに高い品質と、技術革新への決して衰えない熱意によるものでしょう。
パテックとフィリップ2人が目指した創造性と技術力への果てしなき挑戦は、170年を経た今なお、独立企業として、全モデルにその伝統が脈々と息づいています。


宝石・時計いのうえ
【本社】〒812-0026福岡市博多区上川端町13-15安田第七ビル9階
営業時間:10:00~18:00 定休日:日・祝日
会社概要 アクセス

フリーダイアル0120-844-111メールでのお問い合わせは



宝石(ジュエリー)修理・リフォーム時計修理・オーバーホール
婚約指輪(エンゲージリング)宝石・時計の専門店いのうえ


FC2スレッドテーマ : みんなに紹介したいこと (ジャンル : ブログ

(記事編集) http://inouediamond.blog105.fc2.com/blog-entry-85.html

2007/11/13 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
この次の記事 : BREITLING ブライトリングの歴史
この前の記事 : IWCの歴史
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。