鑑定士による宝石豆知識、お買い得情報満載!ジュエリー・時計の修理も受け付けています。 

    

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://inouediamond.blog105.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

JAEGER-LECOULTRE  ジャガー・ルクルトの歴史

   ↑  2007/09/13 (木)  カテゴリー: 時計ブランドの歴史
JAGERLECOULTRE350x.jpg1833年創業、アントワーヌ・ルクルトがスイスのル・サンティエで時計工房を開設しました。
ミクロン単位の計測機器『ミリオノメーター(1844年)』、リューズ巻き機構の原型(1847年)を開発するなど、当初から技術力の高さは有名でした。
さらに二代目のエリー・ルクルトがジュウ渓谷最大の一貫生産工場(マニュファクチュール)へと成長させ、高い評価を得ました。

1903年、エドモンド・ジャガーとの出会いは、彼が極薄ムーブをルクルト社に発注したとき、この難題に挑んだのが創業者の孫ジャック・ダッビド・ルクルトで、その真摯な姿勢に感銘を受け、二人に深い友情が芽生えました。美的感覚に優れたジャガーと共に完成させた1,38㎜厚のムーブによる世界一薄いポケットウォッチは、後のジャガー・ルクルト社の出発点となりました。

1931年、反転ケースが誕生します。
これは、実業家セザール・ド・トレーがインド滞在中に、試合中でも風防ガラスが割れない時計が欲しいとポロ競技者に持ちかけられ、彼はケースを反転させることで風防を守る仕組みを考案し、旧知の仲だったジャック・ダッビット・ルクルトに相談し、そのアイデアが具現化したものです。
当時のアール・デコ全盛の実用的で直線的なデザインを特徴とする『レベルソ』は、発売直後から大ヒットを続け、多数のバリエーションが誕生しています。
そして現行ラインナップのもう一つの柱、丸型ケースの『マスター・シリーズ』があります。

どちらも6週間にもわたって『1000時間コントロールテスト』が出荷前の完成品で行われます。
精度、回転・停止、防水、耐磁、温度差、耐衝撃性など、極めて厳しい基準を課すこのテストをクリアして初めて、同社の製品は出荷が許されるのです。


宝石・時計いのうえ
【本社】〒812-0026福岡市博多区上川端町13-15安田第七ビル9階
営業時間:10:00~18:00 定休日:日・祝日
会社概要 アクセス

フリーダイアル0120-844-111メールでのお問い合わせは



宝石(ジュエリー)修理・リフォーム時計修理・オーバーホール
婚約指輪(エンゲージリング)宝石・時計の専門店いのうえ


FC2スレッドテーマ : みんなに紹介したいこと (ジャンル : ブログ

(記事編集) http://inouediamond.blog105.fc2.com/blog-entry-89.html

2007/09/13 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
この次の記事 : ROLEX ロレックスの歴史
この前の記事 : ダイヤモンドの4Cについて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。